おしらせ一覧

CONTENTS ▼ ▲
トップページ > お知らせ一覧 > Emotet(エモテット)Eメールウイルスに関する注意喚起【更新】

Emotet(エモテット)Eメールウイルスに関する注意喚起【更新】

2022/03/03
IPA(独立行政法人情報処理推進機構セキュリティセンター)より,情報セキュリティに関する注意喚起情報が出されております。
更に今月の3月から、感染のご連絡も弊社に来ておりますので、下記をご確認いただき、ご対応の参考にしてください。

■「Emotet(エモテット)」攻撃活動の急増について

2019年~2020年に多くの企業・組織へ被害をもたらした「Emotet(エモテット)」と
呼ばれるウイルスへの感染を狙う攻撃は、EUROPOL(欧州刑事警察機構)等による
攻撃者の一斉摘発(2021年1月)によって、一時その活動を停止していました。

しかし、2021年11月から再開したEmotetの攻撃活動が、2022年2月に入り急増して
います。IPA「情報セキュリティ安心相談窓口」には2月1日から8日までの間に
45件のEmotetに関する相談があり、これは相談や被害の最悪期であった2020年
9月~11月に匹敵するペースです。国内企業・組織からも、感染被害が次々と
公表されています。

IPAでは、Emotetへの感染を狙うメールについて注意を促すウェブページを
公開しており、随時更新しています。本ウェブページでは、被害相談の例や、
攻撃メールの新たな手口について紹介しています。

Emotetの攻撃では、過去にやり取りされたメールが攻撃者に盗まれ、その内容や
メールアドレスが転用されて、ウイルスメールとして送られてくることがあります。
重要な顧客や取引先、あるいは知人からのメールに見えても、すぐに添付ファイルや
URLリンクは開かず、本物のメールであるか落ち着いて確認してください。

▼詳細はこちらをご覧ください
「Emotet(エモテット)」と呼ばれるウイルスへの感染を狙うメールについて
Emotetの攻撃活動の急増 (2022年2月9日 追記)

▼一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)
「マルウェアEmotetの感染再拡大に関する注意喚起」(2022年3月3日更新)